有料プランで利用できる機能について

ワードプレスのプラグインが利用できるだけじゃない!

月額980円(税抜)の【ワードプレスチェックミニ】以上のプランで適用される便利な機能の紹介です


混雑時の処理優先度が高くなる

混雑時には無料プランのユーザが登録した文章よりも優先的にチェックを行います。大量に待ちが発生している場合にも優先的にコピペチェックが実行されるため、混雑時にも快適にコピペチェックすることが可能です。


広告エリアの非表示

広告エリアと説明エリアが非表示になります。より快適にツールを利用することが可能になります


登録文字数の上限が8000文字

無料プランは4000文字上限に対して、有料ユーザは8000文字までのチェックをすることができます。


ワードファイル(.docx)がチェック可能

無料プランは、テキストファイルのみチェックが可能ですが、有料プランになるとWordファイル(.docx)を投入することができます。


ドメインを指定しての重点チェックが可能

ドメインを指定し、そのドメインのサイトを重点的にチェックをする機能が利用できます。コピペ元かもしれないサイトのドメインを指定することで、更に詳細にチェックをすることができます。


判定基準の設定変更

コピーの疑い、要注意、良好になる設定を変更することができます。案件ごとにチェックの基準を独自に設定・指定することができます


ワードプレスプラグインの利用が可能に

WordPressのプラグイン「CopyContentDetector」を利用することが可能になります。管理画面から対象の記事をボタンひとつでコピペチェックすることができます。


有料プランを利用開始する

先頭へ戻る